歯科での治療について

歯科で治療するために

bing

フッ素についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科での治療について

新着情報

歯科治療の差し歯について

差し歯とは、欠けてしまった歯の代わりをする義歯を、残存している歯根や歯の一部に人口の歯のついた金属の土台を差し込んでいく治療法です。歯科治療においては、自由診療と保険診療を選ぶことが出来るために、コスト面でインプラント治療などよりもメリットがあると言われています。デメリットとしては、歯根や歯の一部に差し込んでいく治療法なので、インプラントに比べると衝撃などで外れやすいことです。また差し歯は歯の上部だけが無くなったときに出来る歯科処置なので、歯根を含めた歯そのものが無い場合、義歯を入れることが出来ないです。

差し歯に出来る土台を残す

上下の歯の噛み合わせが悪い場合、咀嚼がしにくくなります。例えば、上の前歯が下の前歯をすっかり覆ってしまうようなケースでは、前歯でものを噛みくだく回数が減少します。長い間そうなると、前歯が下がってきたり、プラークが深くなり歯周病になりやすいと言われています。なるべく早めに歯科に掛かり、歯周病を予防する事が大切です。ひとたび歯周病になると、歯を支える歯槽骨が吸収され、土台を残して差し歯にすることも困難になってしまいます。年齢を重ねても自分の歯で物を食べ続けることは、生活習慣病にならない為にも重要な事です。予防のために、歯科検診は定期的に受けることをお勧めします。