歯科での虫歯治療で使う物

歯科での虫歯治療方法

bing

フッ素についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科での虫歯治療で使う物

新着情報

歯科用語のクラウンについて

クラウンとは虫歯の治療などで歯を削った部位に用いる歯のかぶせ物です。歯は通常、削った部分を自然回復できないので、コンポジットレジンやアマルガムなどによる修復や、クラウンによって歯の形態を回復できます。とくに歯の崩壊が大きい場合に利用します。歯科治療において、歯の種類や欠損の部位、患者の希望などにそって使い分けられますが、大きく分けるとかぶせ物としては、全部被覆冠、一部被覆冠、歯間継続歯に分けられています。多くの国では非常に高価な治療であるが、日本では医療保険制度によって安価に抑えられていて、複数回の歯科への通院で治療が完了します。

歯のかぶせ物クラウンの種類

歯科でいうクラウンとは、歯が虫歯などで欠損した場合、金属など人工物で修復しますが、その修復する歯のかぶせ物の事です。クラウンにはいろいろな種類があります。金属で作られた物やレジンと呼ばれるプラスチックで作られたもの、セラミックと呼ばれる陶器で作られたものなどさまざまです。素材によって、保険で使える材料と自費になる材料があります。素材により、見た目の色や、使用年数、治療費が変わってきます。見た目の色に関して言えば、使っていくうちに水分などを吸収して変色するものもあります。歯科医と相談し、納得のいくものを入れるようにしましょう。